湘南台 太陽堂

坐骨神経痛の原因

形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

<病院での診断>

坐骨神経痛は、腰部の神経根から臀部を通り脚に向かう、最も長い神経である。その坐骨神経が「椎間板ヘルニア」によって圧迫され、臀部に痛みを生じることを、ヘルニアによる「坐骨神経痛」という。「坐骨神経痛」のもう一つの原因とされるのが、「梨状筋(りじょうきん)症候群」である。「梨状筋症候群」は、臀部の梨状筋がなんらかの原因で、中を通る坐骨神経を圧迫して起こるといわれている。

<病院での治療>

前者は手術、後者は局所麻酔が一般的

<形態矯正の視点から>

「坐骨神経痛」とは、お尻から足にかけて痛みが走ったり、お尻のほっぺ のあたりが固くなる病気です。 坐骨と言っても、そういう名前の骨があるわけではありません。座った時に体重がかかる部分の骨の総称で、そのあたりの神経に痛みが出る症状のことを「坐骨神経痛」と呼んでいるのです。

「坐骨神経痛」は、腰痛やヒザ痛などと同様、一般的によく見られる症状ですが、重症の場合、まともに歩くこともできなくなります。他の腰痛と違って、「坐骨神経痛」はMRIでの画像診断によって原因個所を把握しやすいことが災いして、手術の対象になってしまうことが多いようです。

「坐骨神経痛」は、通常、「椎間板ヘルニア」が原因となって引き起こされていますが、「脊柱管狭窄症」や「脊椎すべり症」などによっても発症すると言われています。

しかし、わたしが診た「坐骨神経痛」の方は、必ず腰椎の4番と5番が左にズレて、腸骨が一定の方向にねじれていますので、これも「ねじれ現象」が原因だと考えられます。

痛みの原因は、骨のズレやねじれによるものですから、矯正して骨を正しい位置に戻してやれば、即座に痛みは消失します。また、放っておいたとしても、大部分の方は、時間の経過とともに自然に症状が緩和していくはずです。

このように、ある日突然発症し、ある程度の日数で自然に治ったり、また症状がぶり返したりするのも「ねじれ現象」の特徴です。「ねじれ現象」は、重力に対して右巻きの回転状の力が体内で働くことで、その力に引っ張られて椎骨が倒れ込んできて発症します。

この倒れ込みによって「椎間板ヘルニア」を起こした場合、椎間板のどこに亀裂が入るかによって、痛み自体は身体の左右どちらの側にも出ます。

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.