形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

手首の痛み原因

整形外科でドケルバン腱鞘炎(けんしょうえん)と診断され、手術すると言われて困っている方が、先日来院されました。

ドケルバン腱鞘炎とは、手首の使い過ぎなどにより、手首の親指側の部分 ( 橈骨茎状突起部:とうこつけいじょうとっきぶ )に痛みや腫れが生じる病気です。

女性に多く発症すると言われており、特に、子育て中のお母さんによく見られる症例でもあります。

この場合、病院での治療は、鎮痛剤などによる保存的療法が主体となっています。

ひどくなると、手首が大きく腫れ上がり、手首から親指に向けて激痛が走りますが、それがあまりひどいようなら、腱鞘切開手術を受けることになるようです。

このドケルバン腱鞘炎の多くは、私が診たところでは、手首が内側にひねられた状態になっているのが特徴です。

名前からすると特殊な病気のように感じますが、実際には、手首になんらかの負荷がかかって、亜脱臼したような状態だと思われます。

子育て中のお母さんに発症しやすいのも、日に日に体重が増えていく子どもを抱き上げたり、重い荷物を手に持ったりする機会が多くて、細い手首に負担がかかりやすいからでしょう。

実際にドケルバン腱鞘炎と診断されたとしても、それが、手首が内側にひねられた状態であるなら、手首を外側にゆっくりと軽くひねって定位置に戻してあげると、痛みも即座に取れますし、腫れも消失していきます。この矯正には、ほんの1、2分しかかかりません。

さて、今回来院された方の場合も、すぐに矯正できましたので、痛みもその場で消えました。どう見てもごく軽い症状でしたが、整形外科ではなぜ手術の対象としたのでしょうか。

これは、担当が若い医師だったので、ひょっとして手術経験を積みたかったのではないかとか、病院の経営上の目的ではないのか、などの可能性も否定できません。

いずれにしろ、このような症状のある方は、手首を外側に軽くひねってみてください。ひねる時に加えるのは、ごく弱い力で十分ですし、ひねりを加えて痛みが増すようなら、ひねる向きが逆です。  (注意:現在痛みのない人が、試しに手首をひねってみることは、絶対にしないようにしてください)

しばらくの間、手首に負荷をかけないように安静にしていると、自然に治ることもあります。

また、痛みがあるのに、雑巾をしぼったり、パソコン作業などで、親指を伸ばすような動きを手首に加えると、痛みがひどくなりますので注意してください。

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.