湘南台 太陽堂

形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

手がつる原因

以前、知人が出演しているロックコンサートに行ったら、ギターを弾きながら唄っていたボーカルの方の手がつってしまって、演奏が中断してしまいました。

これは大変だ、と思って見ていたら、ステージの上から「花山先生お願いします」と呼ばれました。

観客のみなさんも待ってますので、あわてて楽屋に行って診てみると、頚椎6番が大きくズレています。 ロックやヘビーメタルなどの激しい音楽は、音に合わせて頭を強く振ることが多いので、この方のように頚椎がズレてしまうのはよくあることなのです。

幸い、ズレている箇所の矯正は簡単に終わりましたので、即座に手も動かせるようになって、演奏もすぐに再開できました。

手がつるのは、頭を強く振ることで引き起こされた、単なる力学的な問題のズレによる症状です。

椎骨のズレは、ズレて飛び出した部分が周りの神経を圧迫して、痛みやしびれを起こすものですが、頚椎6番が大きくズレた場合は、運動神経や血管が圧迫されて、手がつってしまうようです。

この方は、発症してすぐに矯正できたので幸運でした。このズレた状態を放置してしまうと、数日で腕の筋力が極端に低下してしまいます。

一旦、筋力が低下してしまうと、ズレを矯正しても、筋力が元に戻るのにはかなりの時間がかかります。 この場合、手がつったからといっても、手に問題があるわけではありませんので、手をマッサージしても意味はありません。

そういう時は、蒸しタオルで首の後側の根元をよく温めると効果が出ますので、試してみてください。

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.