形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

そけいぶ(鼠蹊部)の痛み原因

珍しい症状ではありますが、鼠蹊部に痛みが出る方がいます。

鼠蹊部とは、もものつけねあたりのことですが、ここに痛みを感じる病気には、尿管結石や虫垂炎などがあります。

尿管結石でも、石が小さすぎるとエコーでは見つからないこともありますし、他にも様々な病気が原因として考えられますが、病院で一通り検査をしても全く異常が見当たらないことがあります。

そういうときには、胸椎12番の肋骨部分のズレを疑ってみてください。実は、この部分がズレると、肋下神経を圧迫して、鼠径部に痛みが走ることがあるのです。

この肋下神経の圧迫と鼠径部の痛みとの関係は、以前お伝えした腸骨のズレがヒザに痛みを出す例と同様に、医学的にはまだ全く言及されたことがないようです。

そのため、原因不明で病院で検査を繰り返している方もおられるはずです。

私の場合、患者さんからどこかが痛いといわれれば、まずはその痛む部分を見て、触って、その場所自体に異常がないかを確かめます。

そこに問題がなければ、次には、痛みを出している場所に伸びている神経をさかのぼっていって、その先の骨がズレていないかをチェックします。

どの骨からどこに神経が伸びているかは、詳細な解剖図が頭に入ってないとわからないことですが、逆にいえば、それがわかっていれば、痛みの元をた どるのも案外簡単なことなのです。

この鼠蹊部の痛みの場合も、たどっていった先の肋骨部分のズレを矯正すると、痛みはその場で消えました。矯正に要する時間も、ほんの数秒の簡単なものです。

このことからも、この胸椎のズレと鼠蹊部の痛みとの因果関係は、疑いようがないといえます。まだ症例が少ないのではっきりとはいえませんが、この鼠蹊部の痛みは、どうも左側に集中しているようですので、これも「ねじれ現象」のひとつではないかと考えています。

あなたも鼠蹊部に痛みがあって、病院の検査では異常が見つからないようなら、肋骨のズレを疑ってみてください。その場合、両手の平を手首をねじった形で合わせて、そのまま頭の上に腕を突き上げるように伸ばします。

その状態で腰は曲げないで、上半身を左右に軽くねじるようにしてみてください。 軽いズレなら、この体操をやれば自分で矯正できるようです。

私も、どこも痛くなくても、毎晩寝る前に予防のためにこの体操をやるようにしています。後は、冷やさないようにして、早く寝てください。

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.