湘南台 太陽堂

形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

出産後の骨盤ゆがみの原因

最近あちこちで言われるようになったせいでしょうか、出産後、骨盤のゆがみを必要以上に気にする人が増えています。

実際には問題がないことが多いのですが、腰痛などの症状があるようなら、 整形外科では「骨盤輪不安定症(こつばんりんふあんていしょう)」と診断されることがあります。

これは、出産で骨盤に負荷がかかったことできた、仙腸関節や恥骨結合部の外傷だと言われています。「骨盤輪不安定症」だと診断されると、整形外科では、骨盤輪の固定装具(コルセット)の装着や、鎮痛剤の処方を勧めます。

しかし、コルセットでは骨盤の矯正はできませんので、治療効果には疑問があります。また、鎮痛剤を飲むなら、授乳もストップしなければなりません。

「骨盤輪不安定症」でなくても、妊娠中や子育て中のお母さんは、なにかと腰に負担がかかりますので、腰痛がつきものです。

腰痛で受診すると、鎮痛剤を処方されるケースが多いものの、妊娠中や授乳中は、摂取した薬の影響が赤ちゃんに及んでしまうので、そのまま薬を飲むわけにはいきません。 このことはお母さん自身はよくご存じのはずですが、病院でちゃんと考えて処方してくれているはずだ、と安心していると危険です。

整形外科では、赤ちゃんへの影響まで考慮して処方しているとは限らないので、お母さん本人が十分に気を付ける必要があるのです。

さて、出産後に「骨盤輪不安定症」だと診断されている方の体を実際に診てみると、必ず腸骨(骨盤)の左側が上で右側が下にズレているのがわかります。

これは、ねじれ現象の法則通りですから、整形外科で言われるように、「骨盤輪不安定症」が力学的な原因で発症しているとは、私には考えにくいのです。

元々ねじれ現象で発生していた仙腸関節のズレに、出産時に負荷がかかってズレが増幅したために、痛みが出るようになったと考えられるのです。このことは、ズレを矯正すれば痛みが消失してしまう事実からも、妥当だと思われます。

もし、骨盤のゆがみやズレが気になるようなら、自分でも調べることができます。恥骨結合(股間の骨)を軽く指で押してみてください。

いやな痛みを感じるようなら、骨盤にズレがあると考えられます。ズレていても、よく歩くようにすると、骨盤は自然に矯正されます。骨盤はとてもズレやすいもので、車の運転時に、右足でアクセルを踏み込む動作をしただけでも、ズレが助長するくらいです。

しかし、それだけズレやすい分、正しい姿勢で等間隔の歩幅で歩くだけでも容易に矯正されます。 しっかり歩いて代謝をよくすれば、ねじれ現象の予防にもなりますので、毎日1万歩を目標にして、歩くことを習慣にしてください。

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.