形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

変形性股関節痛の原因

<病院での診断>

明らかな原因がなく、50~60代に発症するのを「一時性関節症」という。痛みが股関節周囲にみられ、歩行困難となる。また、下肢は見かけ上短縮する。

<病院での治療>

肥満の解消など、股関節にかかる負担を軽減するよう奨励される。ひどい場合には手術となる。

<形態矯正の視点から>

主たる原因は、股関節界隈に起こる痛みであるが、これらの原因もやはり腰椎・仙腸関節のズレである。そのため、矯正して正しい位置に戻れば痛みも解消する。 しかし、長い年月が経過したものについては、股関節の変形が起きているので歩きにくさは残る。

そのような患者は状態を左右に大きく振って歩く傾向も多いが、根気よく腰椎・仙 腸関節を矯正していれば、状態の触れ幅も徐々に小さくなって歩きや すくなっていく。 また、胸椎12番のズレが原因となることもある。

※ 左右の脚長さが原因であるとして、靴の中敷にインソールを入れ ることで脚の長さを調整することが、広く一般におこなわれるようになっている。しかし、左右の脚の長さを正確に測ることは難しいので、脚長さ自体が疑わしいケースも多い。また、実際には左右の股関節の位置が違っているのに対して、インソ―ルで調整してしまうと、自然治癒の可能性すら奪ってしまうことになる。

 

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.