形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

肩こりの原因

日本人の国民病とまで言われるもののひとつに、肩こりがあります。

肩こりとは、僧帽筋のうっ血などによるこりやこわばり、痛みなどの症状の総称ですが、内臓疾患や頚椎疾患、なで肩体型なども原因となるとされています。

肩がこってつらいんです、という相談を私もよく受けますが、私が考える肩こりは、大きく3つのタイプに分けられます。

(1)睡眠不足や、目を酷使したために起こる一時的な血行不良

これがいちばん一般的な肩こりでしょう。 この場合は原因が単なる血行不良ですから、体操をしたり、お風呂に入ってとにかく血行を良くして、よく眠れば解消します。

疲れているからといって、お風呂に入らないで寝てしまう方がいますが、こりをほぐしてから寝ないと、翌朝にまで肩こりが持ち越してしまいます。 入浴は、疲れを取るのには欠かせません。

シャワーではなく、ゆっくりお湯につかるのがポイントです。

(2)形態異常(花山理論によるガンの前兆の総称)による不快感

これは、肩だけでなく全身に不快感を伴い、非常に疲れやすい状態が続きます。こうなると自然に解消することはありませんし、放置すると徐々に悪化し、様々な病気の原因となります。

(3)頚椎、胸椎、肩甲骨などの骨のズレによる慢性的な不快感

これらの骨がズレていることで、肩こりになる方も多いようです。肩こりとして現れる場合は、頚椎7番がズレているのが一般的です。

この頚椎7番が大きくズレると、腕や指先に痛みやしびれの症状が出ますが、ズレの幅が小さければ、慢性的な不快感や肩こりになります。

原因が骨のズレであれば、ズレを矯正すれば肩こりも解消します。ズレの幅が小さいようなら、ある程度の日数で自然に解消する場合もあります。

何度もお伝えしておりますように、骨のズレは手術や薬で治せるものではありません。

体操などで体に柔軟性を持たせたり、毎日全身の血行を良くすることを習慣にしておけば、症状が出ること自体減りますし、回復を早くする効果も期待できます。

逆にいえば、体を動かすことを怠けた結果が肩こりとなっているわけですから、これも体からの危険信号のひとつだと思って、重病に移行する前に適切に対処してください。

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.