形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

交通事故の後遺症

交通事故などに遭って、何年もしてから身体のあちこちに痛みやしびれなどの症状が現れることがあります。

一般的には、これらも事故の後遺症に含まれます。人によっては、起き上がることすらできなくて、寝たきり状態になってしまうこともあるほどです。

では、それほどの症状が、なぜ事故の直後に現れないで後になってから出てくるのでしょうか。

事故の直後には、取り敢えず衝撃を受けただろうと思われる部位だけをレントゲンなどで検査をします。そこで骨折などがなければ、画像上は問題なしとされますし、その時点で本人にもさしたる自覚症状がなければ、病院でもそれ以上の検査の必要もないわけです。

しかし、事故などで強い衝撃を受けた身体には、椎間板に亀裂が入ったり、周りの組織にダメージが生じたりしているのです。

もちろん、椎間板に亀裂が生じただけでは痛みなどは感じませんし、レントゲンなどの画像診断でも異常は発見できません。

これで一生症状が出なければ良いのですが、実は、椎間板に亀裂が入った状態は自然にはなかなか修復されないのです。椎間板は椎骨を支えていますので、そこに亀裂が入っているのは非常に不安定な状態です。

この不安定な状態で「ねじれ現象」が発生すれば、椎骨は容易に倒れ込みますので、それが知覚神経を圧迫します。

こうなると、痛みやしびれなどの症状が出ることになるのです。ですから、椎間板の亀裂や組織のダメージが治っていなければ、事故から何年経っていようが、首、背中、腰などの痛みやしびれ、重だるさや可動の悪さなどの症状が現れることはあり得るのです。

事故から年数が経っていると、事故との因果関係が特定しにくくなります。そうすると、検査を受けても、心因性の症状と間違われてしまう可能性がありますので、このことは、事故に遭われた方やご家族の方は知っておいたほうが良いでしょう。

もちろん、事故に遭っていようといまいと、「ねじれ現象」が起きないように気をつけていただくことは大切です。

 

※骨のズレとは? ねじれ現象とは?→こちらで詳しく解説しています。

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.