ぎっくり腰の対処法 3

もしもぎっくり腰になってしまったら・・・③

腸を温めることです。
実は、『腸が冷える』と腰にくる場合があります。
ですから、腰を冷やすと同時にお腹を温めてください。
丁度、へその下辺りがベストポジションでしょう。


温める方法は・・・

ホカロンなどを使うと良いでしょう。
直接、肌に当てると、「低温やけど」をする恐れもありますので・・・
衣類の上から当てるか、タオルで巻くなど工夫してください。
ホカロンなどが無ければ・・・
タオルを水に浸し軽く絞り、ロール上に巻いてから電子レンジに1~2分掛けると・・・
ホットタオルが出来上がります。
最初に2~3本作っておくと良いかもしれません。


注意しなきゃいけない点は・・・

まず温め過ぎて「やけど」しないようにご注意ください。
そしてホットタオルは冷たくなる前に予備の物と小まめに交換してください。
この「腰を冷やし」「腸を温める」作業をやることによって段々と楽になっていくでしょう。
ぎっくり腰になった当日は、入浴は控えてください。
理由は分かりますよね?

温めてはいけない場所を温めると、良くないからです。
翌日以降に状態が良くなってきているようなら・・・
軽くシャワーを浴びる程度で済ますと良いでしょう。
基本、3日間は注意してくださいね。
炎症を起こしている場合、3日間くらい炎症が治まるまで時間が掛かるそうです。
ちなみに慢性的な症状に対しては・・・
ゆっくりと肩までつかってお風呂に入るのが有効です。
シャワ-では、芯まで温まりませんので、出来るだけ湯船に入った方が身体にとっては良いと言えます。


では、ぎっくり腰とは急になるものなのでしょうか?


つづく。

 

ぎっくり腰対処法②へ戻る ぎっくり腰対処法・続き④へ

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.