- 健康21ヶ条の2 -

形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

毎日よく汗をかく

夏といえば、汗。あ~汗っていやだな~~と思いますよね。

私も、汗の重要性を知るまでは、汗が大っ嫌いでした。

でも、発汗作用というのは、体温調節だけでなく、体から毒を出してくれる健康には欠かせない機能なのですよね。

現在、鉛・カドミウム・水銀などの有害な金属が汗として出ることが確認されています。

毒が出るといっても、アルコールなどは尿として排泄されますので、なんでもかんでも汗として出るわけではありません。

しかし、ガンの方を施術していて、汗が出るようになると独特のニオイがしますので、それ以外にも相当な毒が出ていると私はにらんでいます。

汗腺は交感神経の支配を受けています。この交感神経の神経伝達物質はアセチルコリンです。(「汗散るコリン」ではありませんよ。偶然です)

形態異常(ガンの前兆)がある人は、この汗散る(くどいっ)アセチルコリンの働きが弱くなっているので、汗が出にくいのが大きな特徴なのです。

そういう人は、汗をかこうとしても汗が出にくいので、体温が上がると体内に熱がこもってのぼせてしまいます。

そうなると、できるだけ体温が上がらないような生活をしたがります。運動はしない、お風呂はカラスの行水が当たり前という感じになります。

これでは汗も出ないし、汗が出なければ毒も出ません。これが悪循環なのです。

逆に、汗を意図的に出すようにすれば、汗腺を刺激できます。

これが交感神経を刺激することになるので、本来の免疫機能を回復することにつながって、ガンの予防にもなるのです。年をとると汗の量は減ります。

しかし、お年寄りでもないのに、汗が出にくいのは若年で起こる老化です。ガンも若年の老化による疾患です。

ですから、最近汗をかかなくなったな~というのは危険信号といえます。夏に汗をかくことが、秋からの健康を作ると言われています。

夏の間は、特に意識してよく体を動かして、しっかり汗出しに励んでくださいね。

冷房で毛穴が閉じたままだと、汗といっしょに毒が出ません。

運動で汗を出す暇がなかった日は、せめてお風呂につかって、1日に1回は汗を出す工夫と努力が必要です。

というわけで、今週の合言葉は「汗出しは毒出し!」 汗をかいたら「おめでとう!」です。よろしくね~(^.^)

 

<汗をかく時のご注意>

 

健康21ヶ条の3 「お風呂で汗をながす」 へ進む

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.