- 健康21ヶ条の13 -

形態矯正学・花山先生の理論をご紹介

交通量の多い道路の側には住まない

車の交通量の多い道路の側では、昔からぜんそくの子どもが多く、その原因は、自動車の排気ガスに含まれる窒素酸化物や炭素微粒子などの有害化学物質であるとされています。

また、ディーゼル車の排気ガスには、ニトロピレン、ベンツピレン、ダイオキシンなどの猛毒も含まれていることも確認されており、1960年代は、工場からの排気による大気汚染が問題でしたが、現代では、車の排気ガスによる汚染が深刻化しています。

ある研究所の実験で、ディーゼルエンジンの排気ガスを10倍に薄めてネズミに2年間吸わせたところ、42%に肺腫瘍が発生し、26%に肺ガンが発生するという結果が出ました。

行政の側でも、車の排気ガスによる大気汚染は公害であることを認め、ディーゼル車の排出ガスに規制を導入し、大気汚染の改善をはかる動きが出ています。

いち早く規制を導入した東京都でのアンケートによると、6割の人が汚染状況は改善されたと実感しているようです。

しかしながら、他のところに比べると、交通量の多い幹線道路の近くが、有害な化学物質の濃度が高い場所であることには変わりはありません。

極端ないい方をすれば、そういう場所は、強制的に発ガンを促す環境であるといえます。

ですから、健康のためには、住宅選びの際に選択肢があるなら、少々の便利よりも環境を優先するようにしたいものです。

さらにいえば、できるだけ車を利用しないで、電車や自転車を利用するなどして、自分から周りの環境を改善する努力も必要です。

 

健康21ヶ条の14 「室内から防腐剤やホルムアルデヒドを除去する」 へ進む

湘南台駅から徒歩3分

お問い合わせ

基本情報

体のゆがみ度チェック
健康21か条
各症状の原因を解説
ぎっくり腰 対処方法

ご利用案内

太陽堂が伝えたいこと

院長プロフィール

奥井 潤

痛み・しびれの専門院・太陽堂院長の奥井潤です。私は患者さんお一人お一人を丁寧に診ています。「信頼」から繋がる「人の輪」何よりも大切です。

プロフィール

 

整体耳寄り情報

神奈川県藤沢市湘南台1丁目15-22 ガーデンパレス湘南台2階
TEL&FAX:0466-21-9700
© 2015 Energie Therapy Taiyoudou. All rights reserved.